ほうれい線の予防と対策記事一覧

ほうれい線予防に欠かせない紫外線対策。日焼け止めによる対策が必要なのは言うまでもありませんが、それだけでなく、さまざまなアプローチから肌の老化と乾燥を守るケアが求められます。ほうれい線予防にはコラーゲンを回復させることが大切紫外線がほうれい線をもたらす大きな要因が肌の乾燥、とくに肌の内部の乾燥が深いしわを刻ませてしまいます。そのため保湿対策では肌の表面だけでなく角質層のすみずみにまで行き届いたケア...

ほうれい線の大きな原因となるのが乾燥です。年齢を重ねると皮膚から保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸が失われてしまうため、乾燥が加速していきます。それが肌のハリを低下させてしまう原因となるのです。肌が乾燥しやすい状態になっているわけですから、日ごろから保湿を心がけることでほうれい線対策の基本となるのです。洗顔後は皮脂が失われ毛穴が開いているのでほうれい線ができやすい状況ほうれい線が気になる30代以降...

ほうれい線や肌のたるみは単純な肌の老化だけでなく、生活習慣の積み重ねも原因となります。もともとほうれい線が出来やすい人とそうでない人がいるのは事実ですが、30歳代も後半になると体質的な面よりも生活習慣やケアが大きな影響を及ぼすようになります。誤った食生活の積み重ねがたるみ・ほうれい線の原因になってしまうそんなたるみ・ほうれい線と生活習慣の関係でもとくに重要なのが食事です。食事は健康な体作りの土台で...

たるみやほうれい線の予防で何よりも重要なのが保湿対策です。乾燥が進むことでハリと弾力が失われていき、肌を支える力が衰えることでたるみやほうれい線が生じるようになるからです。年齢を重ねると肌から保湿成分が失われていくため、それを補うことが第一のポイントとなります。たるみ・ほうれい線予防にはコラーゲンとセラミドが最も大切な成分そのためたるみ・ほうれい線予防の美容成分では保湿成分がもっとも重要になります...

ほうれい線の予防・対策では表情筋の強化が重要なポイントです。表情筋とはその名の通り笑ったり起こったりした時の表情を形作るために使われる筋肉です。また、肌を支える役割も担っています。年齢を重ねると筋肉が衰えていきますが、この表情筋も例外ではありません。衰えることで肌を支えることができなくなり、たるみやほうれい線の原因となってしまうわけです。ほうれい線予防には表情筋マッサージやエクササイズがおすすめ筋...

ほうれい線対策はまず適切なスキンケアが必須ですが、老化はさまざまな影響をもたらすため、スキンケアだけでは十分な効果が得られないこともあります。血行不良やターンオーバーの乱れといった問題を別の方法でカバーしていくことも必要なのです。そんなスキンケア以外のほうれい線対策でお勧めなのがツボです。巨りょう(こりょう)や地倉(ちそう)と呼ばれるツボはほうれい線対策に効果的顔にはほうれい線対策に効果が期待でき...

さまざまなメーカーから美顔器が発売されています。しかも技術の進歩によってひと昔では信じられないような高機能な製品も続々と登場している状況です。かつてはエステや医療機関でしか受けられなかった高度な施術を自宅にいながら自分で行っていくことも可能です。超音波美顔器は血行促進やターンオーバーの乱れを改善することができるこうした美顔器でほうれい線やたるみの予防・解消を行っていくことも可能です。たとえばもっと...

ほうれい線は肌の老化の影響があらわれはじめる40代前後にできやすいと言われています。しかしできる時期には個人があり、早い場合には20代後半頃から見られるようになります。ではほうれい線が出来やすい人とはどういったタイプなのでしょうか。丸顔の人の方がほうれい線が出来やすいと言われているこの出来やすさに関しては大きく分けて生まれつきの部分と生活習慣による影響の2つに分けられます。生まれつきの部分では骨格...

プロテオグリカンは現在スキンケアの分野においてもっとも注目を集めている美容成分といってもよいでしょう。とくに加齢による老化がもたらすたるみやシワ、くすみといった悩みに効果を発揮すると言われています。プロテオグリカンは非常に優れた保水力を備えているこのプロテオグリカンという名称はたんぱく質をあらわす「プロテ」と糖鎖をあらわす「グリカン」とを結合をあらわす「オ」をつなげることで成り立っています。その名...