ニキビ化粧品を選ぶうえで覚えておきたい成分やポイントとはどんなことなのでしょうか?

大人のニキビ肌は長く続くことが多いだけに日ごろのスキンケアも大変です。肌の状態をしっかり見極めながら適切な化粧品を選ぶ必要があるわけですが、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか?

刺激に敏感なニキビにはシンプルな化粧水と乳液でケアする

ほうれい線の予防

まずニキビの状態を確認してみましょう。炎症が進んでいる場合にはそもそもスキンケアがどれだけできるのかどうかを見極めるのが重要になってきます。

 

どんな低刺激の美容液でも刺激が強くて使えないような状態になってしまっている場合もありますから、炎症がひどい、美容液を使うとピリピリする、という場合には化粧水と乳液だけのシンプルなケアに徹した方がよいでしょう。プラスニキビ薬を使用してまずニキビの症状の改善を目指しましょう。

 

再発を繰り返すような慢性化した状態になってしまっている場合には殺菌成分と抗炎症成分が配合された化粧品がお勧めです。

 

肌の不安定になってちょっとした刺激にも反応して炎症を起こしてしまう状態になってしまっていますから、こうした成分で安定させるのことが先決なのです。殺菌成分のサリチル酸、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウム、植物由来のコウキエキスなどがお勧めです。

 

油分をどれだけ補うのかも大事なポイントです。もともと脂っぽい人と乾燥肌・敏感肌の方ではアプローチが180度異なってくるからです。脂性肌の方は皮脂や古い角質が毛穴に詰まることでニキビができやすい状態になっているのであまり油分が含まれていない化粧品を使用するのが鉄則です。

プラセンタエキスやEGFでターンオーバーを活性化させ回復を早める

ほうれい線の予防

とくに乳液・クリームはさらっとしたタイプを選びましょう。それに対して乾燥肌・敏感肌の方は皮脂の不足でバリア機能が低下しているとニキビと炎症が起こりやすくなります。洗顔後にひりひりする、化粧水を使ったのにすぐに乾燥してしまうという方は油分が不足で肌からすぐに水分が蒸発してしまう状況なので適度に油分を補いましょう。

 

この「適度」というのがちょっと難しいのですが、毛穴を詰まらせない程度に自分の肌の状態を踏まえながら調節していきましょう。

 

あとはターンオーバーの活性化で炎症の回復を早めてニキビ跡を防ぐ対策を化粧品で行っていきたいところです。炎症を起こしてしまった皮膚を新しく作られた健康な皮膚と入れ替わらせることで回復を早めることができますから、プラセンタエキスやEGFといった皮膚細胞を活性化させる成分がお勧めです。

 

ニキビがかなり悪化した場合にはクレーター状のニキビ跡を防ぐためにも真皮層のコラーゲンを増やすビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールといった成分もうまく補っていきたいところです。

ほうれい線解消に使ってみたい化粧品ベスト5

トライアルから始められるほうれい線解消の化粧品

アテニア ドレスリフト

ほうれい線解消化粧品アテニア

24時間ケア!肌の変化に合わせた働きで乾燥からくるほうれい線に試したい化粧品
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

ミューノアージュ(MUNOAGE)

ほうれい線解消化粧品ミューノアージュ

目元口元のハリに!衰えてきた肌の再生力を高める話題のドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アスタリフト

コエンザイムQ10の1000倍パワー!諦めていたハリ肌を目指す化粧品
5日間トライアルセット1000円・税抜
(・ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包・ローション 20ml・エッセンスデスティニー 5ml・クリーム 5g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アヤナス

ほうれい線解消化粧品アヤナス

敏感肌でも安心してほうれい線ケア出来る!敏感肌専用エイジング化粧品
10日間トライアルセット通常価格2,700円・税込→初回限定価格1,480円・税込
(アヤナスローションコンセントレート20ml・アヤナスエッセンスコンセントレート10g・アヤナスクリームコンセントレート9g・アヤナスアイクリームコンセントレート1回分)
>>公式HPで詳しく見てみる!

コスメルジュ