ほうれい線に効果的な洗顔料の選び方

ほうれい線対策は洗顔料選びからしっかりと行っていく必要があります。いくら化粧水や美容液で入念にケアを行っていても相応しくない洗顔料を使用しているとほうれい線が進行する肌環境を防ぐことができず、十分な効果が得られません。

肌の保湿力が下がり乾燥すると、老化も進行しほうれい線もできやすい

ほうれい線化粧品洗顔料

そんなほうれい線対策に活用する洗顔料選びではまず肌の保湿力を低下させないことが最優先事項です。ほうれい線は老化がおもな原因となることは多くの方がご存知のはずですが、この老化が乾燥と深く関わっているのです。

 

老化によって乾燥が進む一方、乾燥によってバリア機能が低下すると紫外線のダメージを受けやすくなるなどして活性酸素の活動が活発になってしまいます。その
結果老化そのものもますます進行してしまうのです。

 

つまり老化が進行が乾燥をもたらし、乾燥が老化をさらに進める、そんな悪循環を洗顔の段階で食い止める必要があります(参照:乾燥肌に使いたい洗顔料)。

 

とはいえ洗顔で保湿対策を行うのが大事というわけではなく、保湿力とバリア機能を低下させないことが第一です。保湿成分を補う保湿対策は化粧水や美容液、乳液で行うとして、洗顔料は保湿を担う皮脂やセラミドを失わないようなものを選んでいくことになります

ほうれい線対策には汚れを落としつつ必要な成分は肌に残す洗顔料が理想的

ほうれい線化粧品洗顔料

とくに現代人が陥りやすいのが皮膚表面で皮脂幕を形成・維持するのに必要な皮脂までも除去してしまうケース。「皮脂は汚れ」という過剰な意識から洗浄力が強すぎる製品を使用したり、手でゴシゴシ擦って洗ってしまう、というケースも少なくありません。

 

また洗顔の際にはセラミドも洗い流されてしまうため、あくまでマイルドでほどよい洗浄力の洗顔料を選ぶのが大前提なのです。

 

これは簡単なようで難しく、汚れやメイクをしっかり落としつつ必要な皮脂を残し、セラミドを落としすぎない洗顔料を選ぶためには自分の肌質にピッタリ合ったものを選ぶことが大事です。

 

先述のように現代人は少々清潔意識が過剰なため、しっとりタイプ、洗い終わった後に少々不足感が感じるくらいのものがよいでしょう。

 

具体的には肌に負担がかかる恐れがある合成界面活性剤が使用されていないこと、スクラブ成分が含まれている製品もできれば使わない方がよいでしょう。

ほうれい線解消に使ってみたい化粧品ベスト5

トライアルから始められるほうれい線解消の化粧品

アテニア ドレスリフト

ほうれい線解消化粧品アテニア

24時間ケア!肌の変化に合わせた働きで乾燥からくるほうれい線に試したい化粧品
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

ミューノアージュ(MUNOAGE)

ほうれい線解消化粧品ミューノアージュ

目元口元のハリに!衰えてきた肌の再生力を高める話題のドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アスタリフト

コエンザイムQ10の1000倍パワー!諦めていたハリ肌を目指す化粧品
5日間トライアルセット1000円・税抜
(・ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包・ローション 20ml・エッセンスデスティニー 5ml・クリーム 5g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アヤナス

ほうれい線解消化粧品アヤナス

敏感肌でも安心してほうれい線ケア出来る!敏感肌専用エイジング化粧品
10日間トライアルセット通常価格2,700円・税込→初回限定価格1,480円・税込
(アヤナスローションコンセントレート20ml・アヤナスエッセンスコンセントレート10g・アヤナスクリームコンセントレート9g・アヤナスアイクリームコンセントレート1回分)
>>公式HPで詳しく見てみる!

コスメルジュ