ほうれい線に効果的な美容液の選び方

ほうれい線対策には美容液をどのような基準で選ぶかが重要なポイントとなるでしょう。美容液にはさまざまな目的で作られた製品が売られており、どの効果をメインにほうれい線対策を行っていくかで選ぶポイントが異なってくるからです(参照:ほうれい線を消す美容液の選び方)。

ほうれい線対策では乳液やクリームでも保湿対策を行うことを含めて、他の効果にも注目する

ほうれい線化粧品美容液

ほうれい線対策の基本は保湿対策ですが、美容液ではそれ以外の対策もできるだけ行っていきたいところ。そのためどこまで保湿対策を重視するかが選ぶ上での重要な点です。

 

保湿対策の場合、乳液とクリームでも行うことができますから、それだけにこだわりすぎず、他の効果も視野に入れて製品を選んでいくのがオススメです。そのためにも乳液・クリーム選びとうまく連動させた製品選びが求められます。

 

保湿効果以外でまず重視したいのがエイジングケアです。結局のところほうれい線も乾燥も老化によって進行していくわけですから、それを食い止める対策が欠かせません。そしてこの対策は他のアイテムよりも美容液で行うのがもっとも効果的なのです。老化の原因となる細胞を酸化させてしまう活性酸素の活動を抑制する抗酸化成分が充実した製品をチェックしていきましょう。

 

ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、アスタキサンチン、フラーレンといったおなじみの成分のほか、それぞれのメーカーが独自に開発した複合成分などもあるので気になった製品に配合されている抗酸化成分の内容をできるだけ詳しく確認しておきたいところです。

ほうれい線に効果的な美容液選びでは真皮層のコラーゲンを補える成分が入っているかどうかもポイント

ほうれい線化粧品美容液

エイジングケアではもうひとつ、コラーゲンの補充も大事なポイントです。それも角質層ではなく真皮層に補うこと。真皮層に含まれるコラーゲンは繊維状でエラスチンとともに網の目のように張り巡らされることで肌全体を支えています。

 

このコラーゲンが減少したり紫外線のダメージによって破壊されるとハリ・弾力が低下したるみやほうれい線の原因となるのです。

 

真皮層のコラーゲンは肌に直接塗付して補っても効果が得られないため、体内で生成されるのを促すアプローチが欠かせません。ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、レチノール、ビタミンEといったコラーゲンの生成を促す成分も美容液でうまく補っていくようにしましょう。

ほうれい線解消に使ってみたい化粧品ベスト5

トライアルから始められるほうれい線解消の化粧品

アテニア ドレスリフト

ほうれい線解消化粧品アテニア

24時間ケア!肌の変化に合わせた働きで乾燥からくるほうれい線に試したい化粧品
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

ミューノアージュ(MUNOAGE)

ほうれい線解消化粧品ミューノアージュ

目元口元のハリに!衰えてきた肌の再生力を高める話題のドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アスタリフト

コエンザイムQ10の1000倍パワー!諦めていたハリ肌を目指す化粧品
5日間トライアルセット1000円・税抜
(・ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包・ローション 20ml・エッセンスデスティニー 5ml・クリーム 5g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アヤナス

ほうれい線解消化粧品アヤナス

敏感肌でも安心してほうれい線ケア出来る!敏感肌専用エイジング化粧品
10日間トライアルセット通常価格2,700円・税込→初回限定価格1,480円・税込
(アヤナスローションコンセントレート20ml・アヤナスエッセンスコンセントレート10g・アヤナスクリームコンセントレート9g・アヤナスアイクリームコンセントレート1回分)
>>公式HPで詳しく見てみる!

コスメルジュ