天然由来化粧品と植物由来化粧品の違いとは?

市場に並んでいる化粧品でよく見かけるのが「天然由来化粧品」と「植物由来化粧品」です。いずれも低刺激と安全性の高さをセールスポイントにしており、乾燥肌・敏感肌の方向け、あるいはエイジングケア用の製品によく見られます。

天然由来と植物由来の化粧品では使用される原材料に違いがある

ほうれい線の予防

現在の化粧品業界では化学成分がもたらす肌への影響がよく指摘されています。

 

合成界面活性剤に代表されるように化学成分には低コストで高い効果が得られるものが多いのですが、一方で肌への負担が大きく、「ケアのしすぎ」で悪影響を及ぼしてしまうケースが多いのです。そこで天然由来の成分をメインに配合することで肌に優しく、安全に使用できる内容にしたものが天然由来化粧品と植物由来化粧品です。

 

では同じ目的で作られている天然由来化粧品と植物由来化粧品の間にはどのような違いがあるのでしょうか。細かい違いからまず見ていくと使用される成分・原材料の範囲に違いが見られます

 

どちらも植物由来の成分が多く使用されているのですが、天然由来化粧品の場合には動物由来の成分が使用されているケースも見られます。

 

たとえば胎盤から抽出されたプラセンタエキスや馬の脂分から作られた馬油などが代表格といえるでしょう。植物由来の成分に比べて動物由来の成分は安全性が低いといったようなことは基本的にはなく、製品内容や効果の面で異なるといった程度です。ただ世間一般的には植物由来の成分のみを使用した方が安全なイメージをもたれている傾向が見られます。

原料を製品化する過程での処置方法にも違いがある

ほうれい線の予防

それから原料を製品化する過程でどのような処置が行われているか。植物由来だろうと動物由来だろうと原材料からエキスを抽出し、成分として化粧品に配合する過程では化学的な処理が必要です。この処理の段階で両者の違いが出てくることもあります。

 

植物由来化粧品の場合はその素材に合成や分解を行わずに配合しているケースが多い一方、天然由来化粧品は他の成分・物質を合成したり分解したうえで配合していることが多いのです。たとえばビタミンC誘導体のように他の物質と結合させることで浸透性と安定性を向上させるといった処理です。

 

これらの違いがとくに決定的な違いをもたらすというわけではありませんが、製品を見分ける際の一つの目安として覚えておいて損はないはずです。

ほうれい線解消に使ってみたい化粧品ベスト5

トライアルから始められるほうれい線解消の化粧品

アテニア ドレスリフト

ほうれい線解消化粧品アテニア

24時間ケア!肌の変化に合わせた働きで乾燥からくるほうれい線に試したい化粧品
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

ミューノアージュ(MUNOAGE)

ほうれい線解消化粧品ミューノアージュ

目元口元のハリに!衰えてきた肌の再生力を高める話題のドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アスタリフト

コエンザイムQ10の1000倍パワー!諦めていたハリ肌を目指す化粧品
5日間トライアルセット1000円・税抜
(・ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包・ローション 20ml・エッセンスデスティニー 5ml・クリーム 5g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アヤナス

ほうれい線解消化粧品アヤナス

敏感肌でも安心してほうれい線ケア出来る!敏感肌専用エイジング化粧品
10日間トライアルセット通常価格2,700円・税込→初回限定価格1,480円・税込
(アヤナスローションコンセントレート20ml・アヤナスエッセンスコンセントレート10g・アヤナスクリームコンセントレート9g・アヤナスアイクリームコンセントレート1回分)
>>公式HPで詳しく見てみる!

コスメルジュ