レチノール配合化粧品の選び方

レチノールにはどんな効果がある?

レチノールの最大の効果はコラーゲン生成作用

ほうれい線化粧品レチノール選び方

エイジングケア成分として現在注目を集める機会が増えているレチノールとはビタミンAの一種です。もともとビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあることで知られ、美容に欠かせない成分として扱われてきましたが、とくにレチノールは近年になってエイジングケアの分野でその効果が知られるようになっています。

 

その効果の中でももっとも注目すべき点はコラーゲンの生成を促す部分です。

 

コラーゲンといえばセラミド、ヒアルロン酸と並んで保湿成分の代表格として知られていますが、角質層の奥にある真皮層を構成する主成分でもあり、そこでは繊維状のコラーゲンが網の目のように張り巡らされ、肌全体を支える役割を担っています。この真皮層のコラーゲンのおかげで肌のハリが保たれ、若々しい印象をもたらすことができるのです。

 

しかしこのコラーゲンは加齢とともに減少していきます。老化で生成量が減少するだけでなく、紫外線のダメージで破壊されてしまったり、体内で分解されてしまう量が多くなることでどんどん量が減っていくのです。

 

体内での含有量のピークは20代といわれており、40代になると含有量はその半分以下にまで落ちてしまうともいいます。40代といえば肌の老化やシワ、たるみといったトラブルが急速に目立ち始める時期でもありますが、それにはコラーゲンの減少が深くかかわっているのです。

レチノールには活性酸素抑制効果もある

ほうれい線化粧品レチノール選び方

問題なのはスキンケア製品で有効成分を補っても浸透するのは角質層までで真皮層にまでは届かない点です。ですからどれだけコラーゲンを補ったところで真皮層での減少を改善することはできず、体内での生成量を増やす工夫が求められます。

 

レチノールはそんな年齢肌の改善にピッタリなのです。具体的にはコラーゲンを生成している繊維芽細胞を刺激し、活動を活性化させる働きがあります

 

このコラーゲンの生成を促す働きだけでも非常にメリットが大きいのですが、加えて毛穴トラブルの改善やターンオーバーの活性化、活性酸素の抑制といった広くエイジングケアに役立つ働きも備えています。

 

この点から見てもいかにこの成分がエイジングケアに役立つかがうかがえるというものでしょう。なお、老化や乾燥が進んだ肌に適している成分との印象が強いですが、皮脂分泌を抑制する働きもあるので脂性肌やニキビに悩んでいる方にも効果が期待できます。

 

少々肌への刺激が強い面がありますが、適切に活用すればさまざまな肌トラブル、とりわけ老化がもたらす悩みに役立ってくれます。これからエイジングケアをはじめる方にとってはぜったいに見逃せない成分ともいえるでしょう。

レチノール配合化粧品の選び方と補い方とは?

レチノール配合化粧品を選ぶ時は刺激を感じない配合量で

ほうれい線化粧品レチノール選び方

レチノールはコラーゲンの生成を促す効果でよく知られています。真皮層では繊維状のコラーゲンが網の目のように張り巡らされることで肌全体を支え、ハリを保っています。

 

このコラーゲンが加齢によって減少したり、紫外線のダメージで破壊されてしまうと肌を支える力が低下しシワやたるみといった問題が出てくるのです。スキンケアでコラーゲンを直接塗付しても真皮層までは浸透しないため、レチノールのように生成を促す成分が重宝するのです。

 

このようにシワ・たるみ対策の心強い味方になってくれる成分だけに配合されている化粧品も多く、とくに近年は製品の目玉として配合されるケースが増えています。となると数あるレチノール配合化粧品の中からどれを選んだらいいのかが重要になってくるわけですが、どのような選び方のポイントがあるのでしょうか?

 

まずレチノールの注意点として肌への刺激が少々強いという特徴があります。実際化粧品に配合される場合には全成分のうち0.03パーセントまで抑えるという制限も設けられています。

 

ですから必ずしも配合量が多ければいいというわけではなく、自分の肌で刺激を感じない範囲内でできるだけ多くを補える製品が理想的、ということになります。

 

なお、この成分は油溶性の成分なので水分が大半を占める化粧水よりも油分が多めのクリームや乳液のほうが適しているといわれています。

レチノールを補う時は顔全体に使用する

ほうれい線化粧品レチノール選び方

ですからどのアイテムでレチノールを補うのかもよく考えた上で判断しましょう。

 

コラーゲンを生成する働きを持つ成分にはほかにもビタミンC誘導体やナイアシンがありますし、ターンオーバーの活性化を促すプラセンタエキスやEGFと組み合わせるとシワ・たるみ対策に相乗効果が得られるとも言います。こうした成分との組み合わせ、相性も製品を選ぶ際に見ておきたいところです。

 

補い方に関しては基本的には顔全体に使用することが第一です。口元、目元のたるみが気になるからといってその部分だけに使用するのではなく、広い範囲に使用して全体のハリ改善を目指していきましょう。

 

肌の老化は特定の場所だけで進んでいくわけではありませんし、肌はつながっていますからある部位の老化が別の部位に影響を及ぼすといったこともあります。とくに額の老化は目元の環境にも影響することもあるのでできるだけ広い範囲で補ってみましょう。

 

賢く活用すれば若々しくハリのある肌を取り戻し、シワ、たるみといった年齢肌の厄介な悩みの予防・改善に役立てていけるはずです。
コスメルジュ編集部が選んだ!ほうれい線解消に使ってみたい化粧品>>

トライアルから始められるほうれい線解消の化粧品

コスメルジュ編集部が選んだほうれい線に効果的な化粧品

リポコラージュ ラメラエッセンスC

ほうれい線解消化粧品リポコラージュ

角質層に直接生コラーゲンを注入!600倍の保水力で内側からふっくらハリ肌に
6,552円・税別/定期コース5,700円・税別
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
パーフェクトワン モイスチャージェル

ほうれい線解消化粧品パーフェクトワン

3500万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン
3,800円→3,500円・税別
パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!>>
リソウ リペアジェル

ほうれい線解消化粧品リペアジェル

コラーゲン不足が原因のほうれい線・たるみ対策に!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
リソウの公式HPで詳しく見てみる!>>
ニッピコラーゲン スキンケアジェル NMバランス

POLA美白化粧品おすすめ

累計600万本!通常の2倍の潤いとハリが実感できる生コラーゲン美容液
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
ニッピコラーゲンの公式HPで詳しく見てみる!>>
アテニア ドレスリフト

ほうれい線解消化粧品アテニア

24時間ケア!肌の変化に合わせた働きで乾燥からくるほうれい線に試したい化粧品
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
アテニアの公式HPで詳しく見てみる!>>
ミューノアージュ(MUNOAGE)

ほうれい線解消化粧品ミューノアージュ

目元口元のハリに!衰えてきた肌の再生力を高める話題のドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
ミューノアージュの公式HPで詳しく見てみる!>>