ほうれい線解消に効果的な化粧品の上手な選び方

ほうれい線に効果的な洗顔料の選び方

保湿力が下がると老化も進行しほうれい線もできやすい

ほうれい線化粧品洗顔料

ほうれい線対策は洗顔料選びからしっかりと行っていく必要があります。

 

いくら化粧水や美容液で入念にケアを行っていても相応しくない洗顔料を使用しているとほうれい線が進行する肌環境を防ぐことができず、十分な効果が得られません。

 

そんなほうれい線対策に活用する洗顔料選びではまず肌の保湿力を低下させないことが最優先事項です。

 

ほうれい線は老化がおもな原因となることは多くの方がご存知のはずですが、この老化が乾燥と深く関わっているのです。

 

老化によって乾燥が進む一方、乾燥によってバリア機能が低下すると紫外線のダメージを受けやすくなるなどして活性酸素の活動が活発になってしまいます。その
結果老化そのものもますます進行してしまうのです。

 

つまり老化が進行が乾燥をもたらし、乾燥が老化をさらに進める、そんな悪循環を洗顔の段階で食い止める必要があります。

 

とはいえ洗顔で保湿対策を行うのが大事というわけではなく、保湿力とバリア機能を低下させないことが第一です。

汚れだけ落として必要な成分は肌に残す洗顔料が理想的

ほうれい線化粧品洗顔料

保湿成分を補う保湿対策は化粧水や美容液、乳液で行うとして、洗顔料は保湿を担う皮脂やセラミドを失わないようなものを選んでいくことになります

 

とくに現代人が陥りやすいのが皮膚表面で皮脂幕を形成・維持するのに必要な皮脂までも除去してしまうケース

 

「皮脂は汚れ」という過剰な意識から洗浄力が強すぎる製品を使用したり、手でゴシゴシ擦って洗ってしまう、というケースも少なくありません。

 

また洗顔の際にはセラミドも洗い流されてしまうため、あくまでマイルドでほどよい洗浄力の洗顔料を選ぶのが大前提なのです。

 

これは簡単なようで難しく、汚れやメイクをしっかり落としつつ必要な皮脂を残し、セラミドを落としすぎない洗顔料を選ぶためには自分の肌質にピッタリ合ったものを選ぶことが大事です。

 

先述のように現代人は少々清潔意識が過剰なため、しっとりタイプ、洗い終わった後に少々不足感が感じるくらいのものがよいでしょう。

 

具体的には肌に負担がかかる恐れがある合成界面活性剤が使用されていないこと、スクラブ成分が含まれている製品もできれば使わない方がよいでしょう。
コスメルジュ編集部が選んだ!ほうれい線解消に使ってみたい化粧品>>

ほうれい線に効果的な化粧水の選び方

洗顔後の敏感な状態の肌を保護する効果も大事

ほうれい線化粧品化粧水

化粧水でほうれい線対策を行っていく場合には大きな原因となる乾燥や老化、たるみといった問題をいかに上手く改善していくことができるかが鍵となります。

 

この辺は美容液とも共通していますが、美容液とは違った形でのアプローチが求められます。

 

化粧水のポイントはまず洗顔の直後に使用することです。

 

そのためまず敏感な状態にある肌を保護し調子を整える効果を備えているかどうかをチェックしておきましょう。

 

もちろん乾燥対策や老化対策も重要ですが、この基本的な部分がしっかりと機能していないと肌をしっかり保護することができません。

 

すると外部からの刺激でますます老化が進んでしまったり、美容液の刺激に肌にますます負担がかかってしまう恐れがあります

 

年齢を重ねるごとに肌の老化は進んでいきますから、状況に合わせて適切な化粧水を選んでいくよう心がけましょう。

 

それから注意したいのが添加物など肌に負担をかける恐れがある物質が含まれていないかどうか。

化粧水だけで保湿を行おうとせず、他のアイテムとの相性も考えて選ぶ

ほうれい線化粧品化粧水

合成界面活性剤はもちろんのこと、防腐剤にも注意しましょう。

 

そしてもうひとつ忘れてはならないのがエタノールです。肌を引き締める働きからたるみ対策に効果が期待できますが、一方で水分を蒸発させてしまう作用もあることから老化と乾燥が進むほうれい線対策にはあまり適していません

 

現在使用している化粧水に使われていないかどうかも見ておきましょう。

 

そのうえでほうれい線対策に効果的な化粧水を選ぶわけですが、やはり大事なのは保湿です。

 

ただ美容液、乳液、クリームに比べると化粧水が持つ保湿効果は限定されていますからあまり欲張らず、他のアイテムとの相性も考慮したうえで選んでいきましょう。

 

化粧水だけで保湿を行うのではなく、その後のアイテムに含まれる保湿成分がうまく浸透するよう肌環境を整える、という観点も化粧水選びの大事な点です。

 

保湿成分に関してはヒアルロン酸とコラーゲンがどのような形で配合されているのかが大事なポイントです。

 

この2つの成分はもともと分子量が大きいため低分子化して浸透性を高めた方がより高い効果が得られるからです。

ほうれい線に効果的な美容液の選び方

乳液やクリームでの保湿対策も視野に入れる

ほうれい線化粧品美容液

ほうれい線対策には美容液をどのような基準で選ぶかが重要なポイントとなるでしょう。美容液にはさまざまな目的で作られた製品が売られており、どの効果をメインにほうれい線対策を行っていくかで選ぶポイントが異なってくるからです。

 

ほうれい線対策の基本は保湿対策ですが、美容液ではそれ以外の対策もできるだけ行っていきたいところ

 

そのためどこまで保湿対策を重視するかが選ぶ上での重要な点です。

 

保湿対策の場合、乳液とクリームでも行うことができますから、それだけにこだわりすぎず、他の効果も視野に入れて製品を選んでいくのがオススメです。

 

そのためにも乳液・クリーム選びとうまく連動させた製品選びが求められます。

 

保湿効果以外でまず重視したいのがエイジングケアです。結局のところほうれい線も乾燥も老化によって進行していくわけですから、それを食い止める対策が欠かせません。

 

そしてこの対策は他のアイテムよりも美容液で行うのがもっとも効果的なのです。

真皮層のコラーゲンを補える成分が入っているかどうか

ほうれい線化粧品美容液

老化の原因となる細胞を酸化させてしまう活性酸素の活動を抑制する抗酸化成分が充実した製品をチェックしていきましょう。

 

ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、アスタキサンチン、フラーレンといったおなじみの成分のほか、

 

それぞれのメーカーが独自に開発した複合成分などもあるので気になった製品に配合されている抗酸化成分の内容をできるだけ詳しく確認しておきたいところです。

 

エイジングケアではもうひとつ、コラーゲンの補充も大事なポイントです。それも角質層ではなく真皮層に補うこと。

 

真皮層に含まれるコラーゲンは繊維状でエラスチンとともに網の目のように張り巡らされることで肌全体を支えています。

 

このコラーゲンが減少したり紫外線のダメージによって破壊されるとハリ・弾力が低下したるみやほうれい線の原因となるのです。

 

真皮層のコラーゲンは肌に直接塗付して補っても効果が得られないため、体内で生成されるのを促すアプローチが欠かせません。ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、レチノール、ビタミンEといったコラーゲンの生成を促す成分も美容液でうまく補っていくようにしましょう。

 

リポコラージュ ラメラエッセンスC

角質層に直接生コラーゲンを注入!600倍の保水力で内側からふっくらハリ肌に

ほうれい線解消化粧品リポコラージュ

ややトロッとした透明の美容液で、じわじわと浸透して奥から肌が潤ってくるようです。乾燥もしづらいのもうれしいですし、以前より肌のハリが改善されてほうれい線に目が行くことが減った気がします。初めて使う時に美容液と化粧水を混ぜるので、実験みたいだし出来立ての化粧品が使えるのも面白いです。

医学誌にも掲載された美容液。一般的なコラーゲンに比べ600倍もの保水力がある生コラーゲンカプセルが水分や油分を失った角質層の奥まで浸透。肌と同じ成分のためグングン染み込み根本から肌環境を整える特徴があります。7つの無添加で、敏感肌の人でも安心して使えます。乾燥からくるほうれい線対策で使ってみたい美容液です。
6,552円・税別/定期コース5,700円・税別
公式HPへ

ほうれい線に効果的なクリームの選び方

いかに乾燥を防げるかがポイント

ほうれい線の予防

ほうれい線対策にはクリーム選びが非常に重要です。ほうれい線ができてしまう肌はかなり乾燥が進行していることが多く、クリームで上手くその環境を改善していくことが鍵となるからです。

 

そんなクリーム選びではまず肌にしっかりとフタができるかを確認しておきましょう。

 

化粧水や美容液で補った水分と有効成分が蒸発して失われないように表面にフタをするのがクリームのそもそもの目的です。

 

そのためには適度な油分が必要になるわけですが、乾燥が進行すればするほど油分の比重が高いクリームが求められます

 

ほうれい線ができている方の口元はカサカサに乾燥してしまっているケースが多いですから、クリームでそれをうまく補うことができるかどうかが鍵です。

 

若い頃に使用していたクリームでは年齢を重ねた肌に十分にフタをすることができない可能性があります。実際に使ってみたうえでしっかりと肌になじんで乾燥した状態を補っているかどうかを確認しましょう。

 

ただ、この油分の含有量に関しては使い心地とも深く関わってくるので注意が必要です。油分が多いクリームほどベタつきやすくなりますから、不快感を感じないかどうかも見ておきましょう。

油分の多いクリームの方が浸透性に優れている

ほうれい線化粧品クリーム

この点は好き嫌いで大きく左右されるほか、乳液との組み合わせも深く関わっているので十分な吟味が必要です。

 

最近では油分が多いしっとりタイプでもベタつかないものが増えているのでいろいろと試してみるとよいでしょう。

 

そして忘れてはならないのが保湿対策。乾燥が加速しているほうれい線の肌は美容液に加えてクリームで行う保湿対策も重要なポイントとなります。

 

とくに重視したいのがセラミドの補充です。細胞間脂質のセラミドは油溶性の特徴を備えているため、油分の含有量が多いクリームで補った方が肌に馴染みやすく浸透性に優れているのです。

 

美容液だけで保湿を行うのではなくクリームでもしっかり乾燥対策ができるよう相応しい製品を選びましょう。

 

また美容液ではエイジングケアをメインにし、クリームをメインに保湿対策を行う、といったアイテムの役割分担なども考慮すればますますほうれい線対策に役立つスキンケア環境を築いていくことができます

 

ニッピコラーゲン スキンケアジェル NMバランス

累計600万本!2種のコラーゲンでほうれい線が目立ちにくいプルプル肌に

ほうれい線解消化粧品ニッピ

生タイプの入っているので冷蔵庫での保存が絶対です。その分お風呂上りのほてった肌がひんやりとクールダウンできるのも気持ちいです。取り出すした時はゼリーみたいな固めなのに、体温で溶けていって肌に入っていくのが心地よく感じます。使う程肌の奥からぷっくりしてきて、口元のシワが改善されてきた気がします。

コラーゲン原料国内シェアNo.1のニッピの生コラーゲン入り美容液。通常のコラーゲンの2倍の潤いを保つ生コラーゲンと、肌の奥まで浸透するナノコラーゲンが配合されているのが特徴です。内側からぷるんとハリのある肌に改善してくれます。加齢による潤い不足でほうれい線が目立ってきたと感じている方にお勧めです。
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
公式HPへ

 

コスメルジュ編集部が選んだ!ほうれい線解消に使ってみたい化粧品>>

トライアルから始められるほうれい線解消の化粧品

コスメルジュ編集部が選んだほうれい線に効果的な化粧品

リポコラージュ ラメラエッセンスC

ほうれい線解消化粧品リポコラージュ

角質層に直接生コラーゲンを注入!600倍の保水力で内側からふっくらハリ肌に
6,552円・税別/定期コース5,700円・税別
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
パーフェクトワン モイスチャージェル

ほうれい線解消化粧品パーフェクトワン

3500万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン
3,800円→3,500円・税別
パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!>>
リソウ リペアジェル

ほうれい線解消化粧品リペアジェル

コラーゲン不足が原因のほうれい線・たるみ対策に!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
リソウの公式HPで詳しく見てみる!>>
ニッピコラーゲン スキンケアジェル NMバランス

POLA美白化粧品おすすめ

累計600万本!通常の2倍の潤いとハリが実感できる生コラーゲン美容液
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
ニッピコラーゲンの公式HPで詳しく見てみる!>>
アテニア ドレスリフト

ほうれい線解消化粧品アテニア

24時間ケア!肌の変化に合わせた働きで乾燥からくるほうれい線に試したい化粧品
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
アテニアの公式HPで詳しく見てみる!>>
ミューノアージュ(MUNOAGE)

ほうれい線解消化粧品ミューノアージュ

目元口元のハリに!衰えてきた肌の再生力を高める話題のドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
ミューノアージュの公式HPで詳しく見てみる!>>