化粧品と医薬部外品の違いとは?

ネット上でスキンケア製品の製品情報をチェックしていると「医薬部外品」という言葉をよく見かけます。同じ化粧品のカテゴリーで見つけられる製品の中にもこの言葉が使われているものと使われていないものがあるのでずか、どのような違いがあるのでしょうか。化粧品として売られている製品に「医薬部外品」と書かれているケースも多いためその違いがわかりにくい傾向が見られるのも難しいところです。

化粧品と医薬部外品では効果をどの程度まで明確にしていいか制限に違いがある

ほうれい線の予防

この化粧品と医薬部外品との間には薬事法によって定められた明確な違いがあります。薬事法はスキンケア製品だけでなく美容・健康に関わる幅広い製品に関する決まりを設けた法律ですが、そこでは製品の効果に対してどの程度まで明確にしてよいのかという制限も設けられています

 

またどの程度はっきりと効果・効能が確認されているかどうかでカテゴリー分けする際の基準なども設けられており、化粧品と医薬部外品はその基準によって設けられた分類となっています。

 

大半のスキンケア製品が分類されている「化粧品」とは厚生労働省の認可を受けることなくメーカーが独自に製品開発を行い作られた製品のことです。制限といえば健康上・安全上使用が禁止されている成分くらいで原則的にはどのような成分や物質を使って製造するかはメーカーが自由に決めることができます。

医薬部外品の効果は化粧品と医薬品の間に位置づけられている

ほうれい線の予防

ただしその分効果・効能に関してあまり明確に宣伝することができず、かなり厳しい制限が設けられています。時々健康食品や化粧品が「根拠のない効果を宣伝した」との理由でメーカー側に厚生労働省から勧告が行われることもありますが、それもこうした化粧品の定義によるものです。

 

一方医薬部外品は一定の効果と効能が確認されている製品に対して使われる分類です。効果と効能を証明するため厳しいハードルをクリアする必要がありますが、その分確かな効果と安全性が期待できるわけです。なお、医薬品との違いは原則的には効果効能が予防の範囲に留まるかどうかにあります。ですから医薬品ほど高い効果は期待できないことになります。

 

スキンケア製品を選ぶ際にはこの化粧品と医薬部外品の違いも頭に入れた上で宣伝内容などもチェックして選んでみるとよいのではないでしょうか。

コスメルジュ編集部が選んだ!ほうれい線解消に使ってみたい化粧品

トライアルから始められるほうれい線解消の化粧品

コスメルジュ編集部が選んだほうれい線に効果的な化粧品

パーフェクトワン モイスチャージェル

ほうれい線解消化粧品パーフェクトワン

3500万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン
3,800円→3,500円・税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

ほうれい線解消化粧品リペアジェル

コラーゲン不足が原因のほうれい線・たるみ対策に!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リソウの公式HPで詳しく見てみる!
ニッピコラーゲン スキンケアクリームナノアルファ

POLA美白化粧品おすすめ

累計550万本!通常の2倍の潤いとハリが実感できる生コラーゲン美容液
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>ニッピコラーゲンの公式HPで詳しく見てみる!
アテニア ドレスリフト

ほうれい線解消化粧品アテニア

24時間ケア!肌の変化に合わせた働きで乾燥からくるほうれい線に試したい化粧品
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
>>アテニアの公式HPで詳しく見てみる!
ミューノアージュ(MUNOAGE)

ほうれい線解消化粧品ミューノアージュ

目元口元のハリに!衰えてきた肌の再生力を高める話題のドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
>>ミューノアージュの公式HPで詳しく見てみる!