化粧品のライン使いとバラバラ、どちらがいい?

化粧品選びでは同じメーカーのシリーズをライン使いするのと、メーカーにこだわらずバラバラに選んで使うのと2通りの選択肢があります。どちらが日々のスキンケアにおいて適した選択肢といえるのでしょうか。

ライン使いすることで最大限の効果を効率よくケアすることができる

ほうれい線の予防

それぞれにメリット、デメリットがあります。ライン使いの最大のメリットは一貫したスキンケアを行っていくことができることです。メーカー側ではライン使いを前提し、保湿効果や美白効果など統一した目的で製品を作っていることが多く、すべての製品に統一した有効成分を配合しているケースも見られます。

 

化粧水、美容液、乳液などすべての製品の相性や相乗効果も考慮しているため、ライン使いすることで最大限の効果を得られるほか、効率よくケアを行っていくことができます。バラバラに使用するよりも無駄が少なく、美容成分を過剰に補ってかえって肌に負担をかけてしまうといった問題もないのです。

 

一方バラバラで使うメリットは自由度が高いことです。ライン使いの場合はいわばメーカー側のコンセプトに合わせる形でスキンケアを行っていく必要がありますが、バラバラ使いなら自分の目的に合わせて選んでいくことができます。

バラバラでは目的に合わせて選べ幅広くトラブルをケアできる

ほうれい線の予防

美容液では美白対策、乳液・クリームでは保湿対策など、目的に合わせて選ぶこともできますし、その分幅広くトラブルをカバーしていくことも可能です。ライン使いの場合、保湿効果を前面に押し出したシリーズだと美白対策ができないといった問題も出てきます。

 

また切り替えがしやすい点もバラバラ使いのメリットです。美容液は満足できるんだけど化粧水がイマイチ…といった場合には化粧水だけを切り替えればよいわけです。ライン使いの場合は商品の選択肢が限られてきますから、こうした融通はなかなか利きません。

 

このようにライン使いとバラバラのどちらがよいかはひとりひとり判断が異なってくるでしょう。大雑把に言えば特定の目的のために効率よくケアしてきたい場合にはライン使い、幅広い効果を求めて自分の好みに合わせて製品を選んでいきたい場合にはバラバラが適しているとなるでしょうか。
コスメルジュ編集部が選んだ!ほうれい線解消に使ってみたい化粧品>>

トライアルから始められるほうれい線解消の化粧品

コスメルジュ編集部が選んだほうれい線に効果的な化粧品

リポコラージュ ラメラエッセンスC

ほうれい線解消化粧品リポコラージュ

角質層に直接生コラーゲンを注入!600倍の保水力で内側からふっくらハリ肌に
6,552円・税別/定期コース5,700円・税別
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
パーフェクトワン モイスチャージェル

ほうれい線解消化粧品パーフェクトワン

3500万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン
3,800円→3,500円・税別
パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!>>
リソウ リペアジェル

ほうれい線解消化粧品リペアジェル

コラーゲン不足が原因のほうれい線・たるみ対策に!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
リソウの公式HPで詳しく見てみる!>>
ニッピコラーゲン スキンケアジェル NMバランス

POLA美白化粧品おすすめ

累計600万本!通常の2倍の潤いとハリが実感できる生コラーゲン美容液
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
ニッピコラーゲンの公式HPで詳しく見てみる!>>
アテニア ドレスリフト

ほうれい線解消化粧品アテニア

24時間ケア!肌の変化に合わせた働きで乾燥からくるほうれい線に試したい化粧品
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
アテニアの公式HPで詳しく見てみる!>>
ミューノアージュ(MUNOAGE)

ほうれい線解消化粧品ミューノアージュ

目元口元のハリに!衰えてきた肌の再生力を高める話題のドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
ミューノアージュの公式HPで詳しく見てみる!>>